活動から誕生した組織

三宜楼を保存する会

港町として繁栄した門司港の遺産として残る木造三階建て建物(昭和5年建設)旧料亭「三宜楼」を売却及び解体の危機から救うため設立。

委員会三宜楼を保存する会
設立平成18年2月 三宜楼を保存する会
設立平成22年1月 三宜楼保存活用協力会
代表者有光武元
事務局門司港レトロ倶楽部
電話093-332-0106

経過

平成17年12月 土地所有者が不動産会社に、建物付き3,600万で売却仲介依頼
平成18年3月 上記取得を目的に2月委員会設立
募金活動開始(3月〜11月)
募金活動と並行して活用案及び修復費等について検討開始
平成19年3月 土地取得(1,700万円)
保存活用に向けて各方面と協議開始
平成19年12月 北九州市長へ旧料亭「三宜楼」保存活用に関する要望書提出
平成21年2月 市はチームを組んで検討開始
平成21年12月 北九州市へ寄付手続完了
旧料亭「三宜楼」修復及び活用等は北九州市の事業として推進されることになる